Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(4592)サンバイオ vol.10 2018年05月02日(水)
慢性期脳梗塞のフェーズ2b、慢性期外傷性脳損傷のフェーズ2の完了、日立化成グループとのアライアンスによる製造体制構築着手など、「開発フェーズ」から「市販フェーズ」への移行は具体的な動きとなって表れ始めた。・・・
ブリッジレポート:(6552)GameWith vol.4 2018年05月02日(水)
ネットワーク広告では、2017年1月に広告運用チームを立ち上げて外部委託から内製化に切り替えた効果が現れている。タイアップ広告も営業部隊による提案営業の成果が現れてきたが、共に取り組みが緒に就いたばかり。・・・
ブリッジレポート:(2435)シダー vol.38 2018年04月25日(水)
経常利益は通期予2億4百万円に対して3Q累計では2億55百万円に達している。2月22日に通期業績予想を上方修正し、4年ぶりとなる復配(1株あたり4.00円)を計画。同社にとって新規開業は開業時の負担が重いだけでなく・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.25 2018年04月25日(水)
前期は第2四半期終了時点では営業減益であったものの、最終的には増収増益で、売上、利益ともに期初の業績見通しを上回って着地した。今期については営業利益はほぼ横ばいとの計画だが、中期的には、四半期ごとの推移と・・・
ブリッジレポート:(3673)ブロードリーフ vol.7 2018年04月18日(水)
前回のレポート(17年8月)で、「直近の株価は堅調だが上場来高値回復までにはまだ距離があり、足元ややスローな伸びとなっているブロードリーフ単体の成長路線への回帰が欠かせないと思われる。」と述べたが、その後も・・・
ブリッジレポート:(7590)タカショー vol.36 2018年04月18日(水)
期初に掲げた利益改善策が功を奏した。18/1期は為替の影響は軽微となったことを主因に大幅な経常増益となったが、先行投資負担をこなしながら営業利益が伸びていることやフリーCFの大幅増にも注目したい。また、海外事業は・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.54 2018年04月18日(水)
国内では、結婚や子の誕生等でバイクを離れた方が何十年かぶりに趣味のバイクを復活させる等で、プレミアムヘルメットの販売と相関性の高い小型以上のバイク人気が高まっている。筆者が取材したのは3月23日(金)・・・
ブリッジレポート:(6181)パートナーエージェント vol.7 2018年04月11日(水)
当第3四半期の営業減益の主な要因は中長期的な事業成長を見据えた設備投資と、新規入会会員数の鈍化に伴う主力のパートナーエージェント事業の低調であった。2018年1月に一新した広告クリエイティブの展開以後・・・
ブリッジレポート:(6722)エイアンドティー vol.4 2018年04月11日(水)
主力の電解質ユニットがOEM先1社の製品転換となり低調な上期だったが、下期の頑張りで売上は過去最高更新し、計画に対してもほぼオンラインとなった。今期も増収増益を見込んでおり、堅調な業績推移が見込まれる。・・・
ブリッジレポート:(1433)ベステラ vol.7 2018年04月04日(水)
高度経済成長期に建造された設備が物理的な老朽化や経済的陳腐化等の理由で解体・更新期を迎える事に加え、事業再編や海外移転等に伴う需要も見込まれ、プラント解体事業の見通しは明るい。事業環境に恵まれる中で18/1期は・・・
ブリッジレポート:(3916)デジタル・インフォメーション・テクノロジー vol.8 2018年04月04日(水)
自社商品事業の売上高構成比水準はまだ低いものの、WebARGUS、xoBlosともに時代の潮流をとらえ確実に需要を取り込み、今四半期(10−12月)の売上高は初めて1億円に乗せた。会社側では来期以降の収益貢献を期待しており・・・
ブリッジレポート:(3960)バリューデザイン vol.5 2018年04月04日(水)
初期売上は、ハウスプリペイド、ブランドプリペイドともにスポット要因がなかったため前年同期を下回ったが、導入先増加を背景に、システム利用料売上が積み上がっており、収益の安定性は着実に向上しているようだ。・・・
ブリッジレポート:(4248)竹本容器 vol.7 2018年04月04日(水)
期初予想は増収・減益だったが、売上・利益ともに計画を上回り、増収・増益で着地した。また、金型開発数も282と、前期、前々期を上回り、経験豊富な少数精鋭のスタッフによる集中的な取り組みにより開発力の一段の向上を・・・
ブリッジレポート:(4312)サイバネットシステム vol.1 2018年04月04日(水)
会社設立から30年以上が経過する同社だが、軸足を置くCAE市場は自動車の電子・電気化やIoTの普及・拡大を背景とする成長市場だ。CAE自体も、MBDやMBSEに代表されるように、今なお技術革新が続いている。同社においては・・・
ブリッジレポート:(6184)鎌倉新書 vol.9 2018年04月04日(水)
供養関連サービスが順調に拡大しており、事業環境とポジショニングを考えると中期的にも不安は少ない。しかし、パートナーを紹介するだけではポテンシャルをフルに顕在化させる事が難しいため、高齢者とその家族の・・・
ブリッジレポート:(9997)ベルーナ vol.4 2018年04月04日(水)
第3四半期の進捗率は売上高で76.2%とほぼ例年同レベルであり、売上高目標1,600億円の1年前倒しでの達成に向かって引き続き順調に推移しているようだ。一方、営業利益に関しては、ややスローとなっている。物流コストの・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー