Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(3194)キリン堂ホールディングス vol.43 2017年10月31日(火)
上期の既存店増収率は期初計画の0.6%増を大きく上回り4.4%増となった。過去数年の月次ベースでの増収率、客数及び客単価伸び率の推移を見てみると、今期は客数の伸びが増収を牽引していることがわかる。・・・
ブリッジレポート:(4592)サンバイオ vol.8 2017年10月31日(火)
2017年8月28日のリリースにあるように、同社グループは今期に入り、3回で合計47億円の資金調達を行った。今期は上期で20億円を研究開発に投じ、今後も市販に向け一定の研究開発費が必要となるが、十分な資金調達を行う・・・
ブリッジレポート:(4829)日本エンタープライズ vol.42 2017年10月31日(火)
市場縮小によるキャリアプラットフォーム向けの減少や店頭でのコンテンツ販売方針変更の影響による広告代理サービスの落ち込み、及び採算重視による中国での携帯電話販売の減少は当初から織り込み済み。一方、システム開発・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.23 2017年10月31日(火)
業績予想に変更は無い。2017年12月期通期の売上高は前期比3.9%増の2,758億円の予想。国内売上高は同4.9%増の1,848億円。一部チェーン店で設備投資抑制継続が見込まれるが、主力・戦略商品の既存・新規顧客への拡販が・・・
ブリッジレポート:(6543)日宣 vol.1 2017年10月31日(火)
同社を特徴づける重要なキーワードを幾つか挙げるとすれば、「クリエイティブ力」、「総合力」、「競争優位性の高いポジショニング」などであるが、これらを武器に大手代理店もネット専業広告代理店もカバーしきれない・・・
ブリッジレポート:(7590)タカショー vol.35 2017年10月24日(火)
為替の影響は軽微となったことを主因に大幅な経常増益となったが、先行投資負担をこなしながら営業利益が伸びていることにも注目したい。上期の各利益の進捗率は高く、前下期は経常利益2億45百万円、純利益1億37百万円を・・・
ブリッジレポート:(3538)ウイルプラスホールディングス vol.1 2017年10月17日(火)
「顧客満足度の向上」を追求する成瀬社長は自らの事を「自動車も好きだが、人がもっと好き。」と評している。現在でも顧客と直に接することに喜びを感じ、新店オープニングの際には社長自ら駐車場での誘導係なども行っている・・・
ブリッジレポート:(3690)ロックオン vol.1 2017年10月17日(火)
同社の株価は下値での横這いが続き、出来高も少なく投資家の関心は薄い状況が続いている。ただ企業規模は小さいもののPBRは高く、インターネット広告の効果測定国内NO.1の実力は投資家も認識しているようだ。そうした中・・・
ブリッジレポート:(3916)デジタル・インフォメーション・テクノロジー vol.6 2017年10月17日(火)
前回のレポートで「残りの3か月で売上、利益共にどれだけ上積みできるのかに注目したい。」と書いたが、修正予想を売上、利益ともに超過した着地であった。また、注力中である自社商品事業分野はまだ売上構成比は小さいものの・・・
ブリッジレポート:(6044)三機サービス vol.3 2017年10月17日(火)
大幅な増収増益となったが期末に課題を残した2017年5月期であった。特に安定収益源である空調機器メンテナンス事業において第4四半期(3-5月)は売上、利益ともに前期実績及び計画に達しなかった点はやや気になるところでは・・・
ブリッジレポート:(6552)GameWith vol.2 2017年10月17日(火)
PV数は季節性があり、またゲーム会社のイベント開催やプロモーションにより月によっても変化するが、概ね7〜9万PV/月で推移している模様。このため、第1四半期の売上の増加は、ほぼPV単価の上昇によるもので、単純計算では・・・
ブリッジレポート:(8860)フジ住宅 vol.48 2017年10月17日(火)
同社の18/3期第1四半期決算は、自由設計住宅の引渡戸数の増加や個人投資家向け一棟売り販売の増加が寄与し、前年同期比18.4%の増収、同28.4%の営業増益と好調な決算となった。こうした好調な実績の一方で、受注契約高は・・・
ブリッジレポート:(9837)モリト vol.9 2017年10月17日(火)
第2四半期実績の通期予想に対する進捗率は、売上、利益ともにやや低いものの、春先に開催した展示会からの引き合いは好調で、実際の受注にも結び付き始めているということであり、下期に十分カバー可能と会社側は考えている。・・・
ブリッジレポート:(3457)ハウスドゥ vol.5 2017年10月10日(火)
17年6月期は、「ストック型収益事業」の売上高及び営業利益構成比が、それぞれ30.6%、63.3%と、通期計画(売上高21.4%、営業利益56.6%)を上回り、収益構造の転換は計画通り順調に進捗している。18年6月期は、構造転換の・・・
ブリッジレポート:(3960)バリューデザイン vol.3 2017年10月10日(火)
前期に次ぎ今期も1桁の増収予想であり、成長株としてはやや物足りないことは否めないが、まずは市場の信頼を回復することが同社にとっての大きな責務であろう。そのためには、中長期的視点での海外展開の本格化やブランド・・・
ブリッジレポート:(4248)竹本容器 vol.6 2017年10月10日(火)
上期は増収減益であったが、期初計画を上回り、順調な進捗と言えるだろう。上期末時点での金型開発数は製作中を含めて287と、前々期及び前期の年間製作数それぞれ244、234を既に上回り、前期目標としていた320にも届く・・・
ブリッジレポート:(9997)ベルーナ vol.2 2017年10月10日(火)
売上高、営業利益ともに下期のウェイトが高い同社だが、今第1四半期はほぼ例年と同レベルの進捗率であり、売上高目標1,600億円の1年前倒しでの達成に向けてまずは順調なスタートとなったようだ。引き続き「来期営業利益・・・
ブリッジレポート:(2405)フジコー vol.11 2017年10月03日(火)
森林発電事業の寄与もあり前期で8期連続増収となり、今期も、同事業は1桁増収にとどまるものの、建設リサイクル事業が復調し9期連続増収で過去最高を更新する見込みだ。また、利益についても、森林発電事業の売上総利益は・・・
ブリッジレポート:(2437)シンワアートオークション vol.23 2017年10月03日(火)
子会社エーペックの太陽光発電施設販売が好調で増収・営業増益となったものの、同社の中核事業となるオークション関連事業は事業環境が厳しく損失を計上した。同社では持株会社制度への移行を機にオークションの在り方・・・
ブリッジレポート:(3031)ラクーン vol.41 2017年10月03日(火)
スーパーデリバリーの四半期流通額合計は25.4億円と、ここ約4年の中で3番目の高水準となった。海外流通額が引き続き高い伸びを見せるとともに、国内流通額も前年同期比2.5%増と、前期第2四半期に伸び率を開示し始めてからは・・・
ブリッジレポート:(3134)Hamee vol.4 2017年10月03日(火)
18/4期は順調な立ち上がりとなった。コマース事業は前期に大きく伸びただけに、その反動が懸念されたが杞憂に終わった。卸売が高い伸びを続ける中、小売の伸びが前期の下期以降加速している。「iFace」シリーズの好調等で・・・
ブリッジレポート:(4597)ソレイジア・ファーマ vol.2 2017年10月03日(火)
伊藤忠商事との中国における販売代理店契約締結は、巨大市場・中国での本格的事業展開に向けた大きなステップである。引き続き「SP-01」および「SP-03」の中国における承認取得の時期に注目したい。新規開発品はがん関連・・・
ブリッジレポート:(6184)鎌倉新書 vol.7 2017年10月03日(火)
鎌倉新書は仏教関連書籍の出版社としてスタートしたが、「書籍の出版とは情報ビジネス」という清水社長の考えの下、ライフエンディングにフォーカスして、出版、セミナー、コンサルティング、そして現在のインターネット・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー