Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
読売ブリッジサロン
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(2483)翻訳センター vol.9 2017年07月25日(火)
第三次中計における2018年3月期の目標は「売上高110億円、営業利益7.5億円」。2017年5月に発表した18年3月期の予想は「売上高103億円、営業利益7.5億円」と、売上は中計発表時の目標を下回るものの利益は確保の見込み。・・・
ブリッジレポート:(3667)enish vol.19 2017年07月25日(火)
「欅のキセキ」については、慎重に言葉を選んでの受け答えではあったものの、安徳社長の自信のほどをうかがい知る事ができた。強力なIPである事がその背景にある事も確かだが、リリースまで数ヶ月となった現在に至るまで・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.25 2017年07月25日(火)
同社の強みは、コンタクトセンター、フィールド部隊、そしてITモバイル。この強みを活かして、人でしかできないサービスに磨きをかけ、差別化を図っていく考え。創業から手掛けるコンタクトセンターは質の高い顧客対応力が・・・
ブリッジレポート:(4592)サンバイオ vol.7 2017年07月25日(火)
再生細胞薬「SB623」の脳梗塞フェーズ2b臨床試験に対して、カリフォルニア州再生医療機構から補助金20百万米ドル(1USD=113円換算で約22億円)を獲得した。17年4月末時点で現預金は55億円と、当面の開発資金は確保している・・・
ブリッジレポート:(4767)テー・オー・ダブリュー vol.43 2017年07月25日(火)
近年、人々の消費の目的が、モノそのものの「商品価値」ではなく、モノを選ぶ・買う・使うといった「体験価値」にシフトしていると言われている。こうした消費の目的の変化に伴い、広告プロモーション業界においても、・・・
ブリッジレポート:(8793)NECキャピタルソリューション vol.1 2017年07月25日(火)
成長性という点では主力のリースビジネスの事業環境は決して明るいものではなく、それを織り込んで同社に限らず他社もPER、PBRの評価は芳しいものではない。そうした中で、安定した顧客基盤を活かしながら、多様な・・・
ブリッジレポート:(9423)フォーバル・リアルストレート vol.3 2017年07月25日(火)
内装工事及び付随サービスの売上構成比が上昇する中で売上総利益率が改善しており、内装工事及び付随サービスが収益性の改善を伴いながら拡大している事がわかる。また、社員の処遇改善にも力を入れているが、コスト増を・・・
ブリッジレポート:(2593、25935)伊藤園 vol.1 2017年07月18日(火)
過去の勝ちパターンを考えると、今期の緑茶飲料は伸びる。同社は、これまでも市場が拡大する過程で一時的にシェアを落としたが、その後、拡大した市場でシェアを回復させてきた。18/4期は新製品・リニューアル製品の・・・
ブリッジレポート:(3927)アークン vol.1 2017年07月18日(火)
同社製品はPC(エンドポイント)で防御するエンドポイントセキュリティ製品だが、セキュリティ製品には、この他に社内ネットワークの入り口(ゲートウェイ)で防御するゲートウェイセキュリティ製品がある。これまで・・・
ブリッジレポート:(4597)ソレイジア・ファーマ vol.1 2017年07月18日(火)
7月6日付で日本での承認を取得した「SP-03」は、2015年3月導入、2016年10月承認申請と、スムーズかつスピーディーに事業化が進行してきた。実際の売上、利益にいつごろから、どの程度貢献してくるかはまだ不透明ではあるが・・・
ブリッジレポート:(2179)成学社 vol.29 2017年07月11日(火)
今期もクラス指導は厳しい環境が続くが、個別指導は主力ブランド「フリーステップ」が堅調であることに加え、「代ゼミサテライン予備校」も大学受験に特化した映像授業という点が受験生のニーズを取り込み2桁の伸びが続く。・・・
ブリッジレポート:(3031)ラクーン vol.40 2017年07月11日(火)
小売店数、販売企業数ともに増加しているものの、国内流通額は前年比マイナスとなった。第2四半期から3四半期連続で前年同期を下回った客単価の低迷がその主たる要因のようだ。会社側は今期の回復を見込んでおり、主力事業で・・・
ブリッジレポート:(3223)エスエルディー vol.2 2017年07月11日(火)
17/3期は、出店商業施設の建替えに伴う退店や一部の既存店舗の来客数の落ち込み等に加え、原材料の高騰や人件費の上昇、更には業界内での競争激化もあり、厳しい決算となった。ただ、客数が回復傾向にあり、期末にかけて・・・
ブリッジレポート:(6638)ミマキエンジニアリング vol.4 2017年07月11日(火)
独自の地域密着営業の展開とインクへのこだわりによる需要の掘り起こしで国内外を問わず販売台数を伸ばしている。また、インクの現地生産の動きが活発化している事も昨今の同社の特徴だ。ただ、北米、インド、中国等の・・・
ブリッジレポート:(7242)KYB vol.1 2017年07月11日(火)
株価は3月に戻り高値を取ったもののその後は弱含みの展開が続いており、戻り高値自体も2011年、2013年の高値に及ばない。前期大幅増益となったものの今期は再び減収減益予想で、売上、利益はここ数年横這いであり、利益拡大・・・
ブリッジレポート:(8860)フジ住宅 vol.47 2017年07月11日(火)
同社の18/3期決算は、JR和歌山駅前の一等地における大型マンションプロジェクト(シャルマンフジ和歌山駅前グランピーク)の引渡が集中する下期偏重型の計画となっている。そのため、上期は前期比大幅な減益計画となるなど・・・
ブリッジレポート:(9445)フォーバルテレコム vol.48 2017年07月11日(火)
同社の17/3期決算は、IP&Mobileソリューション事業の増収・増益を、ドキュメント・ソリューション事業とコンサルティング事業の減収・減益が一部打ち消す残念な結果となったものの、IP&Mobileソリューション事業の成長性の・・・
ブリッジレポート:(9616)共立メンテナンス vol.52 2017年07月11日(火)
予想されていたことではあるが、中期計画「共立フルアクセル・プラン」は1年前倒しで達成した。18/3期業績予想は小幅な増益にとどまっているが、新中期計画「Kyoritsu Jump Up Plan」の内容を吟味すれば十分納得のいくもので・・・
ブリッジレポート:(1909)日本ドライケミカル vol.11 2017年07月04日(火)
成長戦略の根幹に据えたアライアンス戦略は、その幅を着実に広げている。特にALSOKとの協業は、防災と防犯の融合という点で同社も大いに力を入れており、パッケージ型自動消火設備「NEOスプリンクラー」もALSOK経由で出荷も・・・
ブリッジレポート:(2708)久世 vol.20 2017年07月04日(火)
商社の生命線である物流センター業務の自社化に着手した。自社化とは直雇用して社員で庫内作業に対応するもので、目先的には業務を委託する方がコストを抑える事ができるが、物流環境の変化への対応力強化や信頼性の向上に・・・
ブリッジレポート:(3313)ブックオフコーポレーション vol.1 2017年07月04日(火)
17/3期は下期に営業利益12億円を計上した。昨年の10月以降、労働時間を減らす等のコスト削減効果が大きかったが、リユース店舗事業で徐々に家電販売が増えてきたし、ネット販売も順調だ。ただ、堀内社長をはじめ、・・・
ブリッジレポート:(4205)日本ゼオン vol.17 2017年07月04日(火)
前中計期間3年の売上高は、高機能材料事業は増収だったものの、エラストマー素材事業が主として製品価格の低下を受けたため、15年3月期 3,075億円、16年3月期 2,956億円、17年3月期 2,876億円となり、14年3月期比では・・・
ブリッジレポート:(4634)東洋インキSCホールディングス vol.5 2017年07月04日(火)
売上高は前期比減収で計画未達ではあったが、利益はほぼ計画通りで増益となった。期中の進捗はスローであったので健闘した前期決算だったと言えよう。株価も下押しすることなくTOPIXも上回り堅調な展開が続いているが・・・
ブリッジレポート:(6050)イー・ガーディアン vol.23 2017年07月04日(火)
コンビニ大手のローソンで社長や会長を務めた玉塚元一氏がハーツユナイテッドグループ社長に就任する(2017年6月27日就任予定)。「IoTやAIといったITを使って新規事業を創出するデジタルビジネスの広がりで、ゲーム以外の・・・
ブリッジレポート:(6461)日本ピストンリング vol.5 2017年07月04日(火)
2016年度は、為替の影響を受けたものの、売上高は過去最高であった前年度に次ぐものである。また、営業利益率も大きく伸長したことから、会社側が認識するように十分な手応えのあった1年であったといえよう。株価面からも・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.22 2017年07月04日(火)
同社の第1四半期売上高の通期実績に対する構成比を過去にさかのぼってみると、概ね24〜25%となっている。今期の対通期予想進捗率は25.3%であり、トップラインはほぼ予想通りに推移しているようだ。一方営業利益の構成比は・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.58 2017年07月04日(火)
同社の17/3期の決算は、引き続きアイコン売上の拡大が牽引し、営業利益と経常利益において9期連続の増益を達成するなど好業績となった。収益性の高いアイコン売上の拡大を通じて、年々売上高営業利益率を上昇させている点、・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー